債務整理の方法について知っておこうではありませんか。

債務整理といっても、色々な方法があります。ここでは、どのような種類があるのかお教えしたいと思います。「任意整理」「特定調停」「民事再生(個人再生手続き)」「自己破産」に大きく分けられます。「任意整理」この方法というのは、債務者と交渉することによって和解へと持って行く方法です。債務者本人で行うことも可能なのですが、この任意整理というのは、裁判所を介さない方法なので、債務者側が交渉に応じてもらえなかったり、記録を改ざんされる危険性もあります。このような場合を考えて、やはり専門家の司法書士や弁護士などに相談するのが良いと思います。その方が、面倒な手続きもせずにスムーズに行うことができるでしょう。もちろん、それなりの報酬は支払わなくてはなりませんが、結構面倒な手続きなので任せることをお勧めします。専門家にとって手数料などの金額も変わってくるようです。「特定調停」この方法というのは、間に簡易裁判所の調停委員が入って行う方法です。現在の支払い方法が生活に負担をかけているわけですから、その支払方法を話し合って決めるというものです。つまり、裁判所で借金の返済方法を考えるというものになります。その際、利息制限法を用いて債務を引き直して3年程度で返済できるようにするという形になります。「民事再生」この方法というのは、一定に収入が将来に向けて継続できるという見込みがある人のみに適用できるほうほうです。支払残額を3年程度で免除するために行う制度になっています。自営業者を対象にしたものを小規模個人再生といい、サラリーマンなどを対象にしたものを給与所得者等再生といっています。民事再生が可能と判断された場合、現在の借金を100万円か現在の借金の5分の1のいずれか多い方に減額されて支払って行きます。「自己破産」これはご存じの方も多いと思いますが、返済不可能と判断された場合、財産を強制的に金銭に変えて公平に債権者に配るという手続きを行います。自ら申し立てするので自己破産という呼び方になっているのです。無収入になって返済できないとか、あまりにも債務額が大きいために返済することが、どのような方法を使ってもできないという場合に行うので、最終手段であるといえるでしょう。

インターネット広告

国分寺 賃貸

通信制高校 東京

シロアリ駆除